ディレクター橋野です。

皆さん、お元気でしょうか。

 

寒さと疲労で、開発室は風邪ひきばかり。

橋野ももれなくでありまして、

そろそろ、現実逃避の旅に出かけたい気分です。



そんな、マスター前"時間一杯"の開発室の外では、

「キャサリン」の前評判が良いらしく、業界の内外で、

予想以上に話題にしていただけているようです。

 

この前、ファミ通の期待の新作を順位を見たら、

写真付きで掲載されており、

思わずレッドブルを鼻から出してしまいました。

 

モ○ハン、ドラ○エ...キャサリンって。

なんて、素敵なランキングでしょうか。

何かのネタだとしても、びっくりですね。

 

話題にしてくださる全ての人々に、

感謝を申し上げます。

 

(予約してください!!)

 

・・・とはいえ、期待が過剰すぎやしないかと、

ご心配されている、お得意様もいるとかいないとか。

 

我々も、若干、心配になってきていますので(汗)、

何かと間違えて買ってしまわないように、

(あるいは、買いそびれてしまわないように)

先に「キャサリン」のご購入のアドバイスをさせて頂きます。

 

まずは、ジャンル。RPGではありませんよ!

・・・というのは大前提として「アクションアドベンチャー」

と紹介されていますが、いわゆる感じの代物ではありません。

 

色んな場所を自由に動き回って、お話の謎を解きながら、

迫り来るモンスターなんかを爽快に撃ち殺したり、

投げ飛ばしたりといったゲームでは、まったくありません。

 

どちらかというと、アクションパズルとアドベンチャーが、

シネマチック(?)に融合したような作りの作品です。

(ですので、アクションゲームが苦手な方も、大丈夫だと思

います。じっくり、まったり、気楽に、過酷(笑)な体験

を楽しんでいただける作品を目指しております。)

 

日常のアドベンチャーシーンも、ガツガツ動き回って、フ

ラグ立てまくって謎解き...というよりも、動かせる映画的

な作りです。攻略の要は悪夢シーンとなります。ある町の

夜の酒場を中心とした、こじんまりとした舞台設定なので、

中年の主人公たちも含め、ジャンルもテイストも人を選ぶと

思うけれど、やりこむほどに奥深いゲーム性がある...

そんな風に感じてもらえたらな、と期待しています。

 

ゲーム攻略の詳しい紹介はこれからのようですが、おそら

く、他のゲームで培ったカンは、このゲームではあまり通

用しないでしょう。我々、つくり手の視点で言えば、ここ

が、「キャサリン」の面白さの1つだと思っています。

 

確かに、巷の数々のゲームほど幅広い自由はないかも知れ

ません。けれど、もし、この「ちょっとかわった感じ」に

興味を持ってもらえてるんだとしたら、このゲームでしか

味わえない、独特の「イイ感じ」にきっと満足して頂けると

思います。

 

ゲーム内容は、発売日まで、いろいろな形で、より深くご

紹介していく予定です。

 

というわけで、宜しければ、是非、ご期待くださいね。


 

イントロダクション

ペルソナチームが贈る、ハイビジョン作品第一弾。PS3/Xbox360用タイトル「キャサリン」公式ブログです。

新着情報をRSSにて配信中です。
購読する(RSS 2.0)RSS 2.0